« 長期休暇24日目 | トップページ | 長期休暇25日目 »

2005年7月18日 (月)

姑獲鳥(うぶめ)の夏を見に行ってきました

超絶ミステリー「姑獲鳥(うぶめ)の夏」の映画を見に行ってきました。京極夏彦の原作は大好きでこの姑獲鳥(うぶめ)の夏もそうですが、京極堂シリーズは特に面白くて新作が出るたびにすぐ購入、読破しています。会社の人に薦められた時は、面白いのかな~と疑念があったのですが、初めて読んだ時、なに~~~こういう結末なのか~~~とびっくりさせられました。

で、映画ですが、原作に忠実になかなかいい出来だったと思います。ただ日本の映画にありがちなTVドラマっぽい感じが抜けきれてませんでした。キャスティングは関口役の永瀬正敏がイメージと違ってたかな?あと木場修役の宮迫(雨上がり決死隊)もイメージと違ってました。関口はもっと鬱っぽく、オドオドしてるイメージしか持ってなかったし、木場修はもっとガタイがいい配役の方が?と思いました。

私は榎木津役の阿部寛はハマってたと思ったのですが、ダンナはトリックのイメージがあるため、どうもしっくりいかなかったようです。京極堂役の堤真一はぴったりでした。饒舌なところ、ピシときめるとこ、ちょっと人を馬鹿にしたような態度、どれをとってもよかったです。

あと、私は眩暈坂のイメージをコンクリートが自然に畝っているもんだと思ってました。まさか、たまに石がでてる土の荒れてる道だなんて思いもよりませんでした。それにもっと長い坂をイメージしてたので、かなりイメージを崩されました。

原作との違いは紙芝居おやじがいた事と、里村医師の出番が少なかったことですね。たしか、犯人は赤ん坊を液体に漬ける、その代わりに牧朗には液体を振りかけた後があったと最後に里村が言っていたシーンが原作にはあったのですが、それが無くなってました。

やっぱ、京極堂シリーズ、映画もシリーズ化されるんでしょうか?ってなると、次は魍魎の匣・・・いや~ん、想像したくな~~~い。こわ~~~~い(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

|

« 長期休暇24日目 | トップページ | 長期休暇25日目 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106334/5026209

この記事へのトラックバック一覧です: 姑獲鳥(うぶめ)の夏を見に行ってきました:

« 長期休暇24日目 | トップページ | 長期休暇25日目 »