« うつ病についてQ&A | トップページ | 仕事上でのストレス、ためていませんか? »

2006年1月27日 (金)

うつ病について(周囲の対応)

「うつ病の患者さんを支えるご家族の方へ」という資料があったので紹介します。

うつ病とは

どんな病気?

日常的なストレスからくる悲しみや不安、むなしさといった憂鬱な気分や無気力は誰しもが経験するものです。うつ病とはこうした心の状態が長期間回復せず、日常生活に支障をきたしてしまう病気です。体の変調として倦怠感、不眠、食欲不振などの症状もあらわれます。

特別な病気じゃないの?

世界保健機構(WHO)ではうつ病の患者さんの数を世界人口の3%、1億人以上と概算しています。これを日本にあてはめると約360万人。この数字が示すとおり、うつ病はごく一般的な病気で、決して特別なものではありません。

病気じゃなく気持ちの問題では?

うつ病は気の持ちようで起こるものではありません。ストレスなどによりセロトニンやノルアドレナリンといった脳内の神経伝達物質の働きが悪くなることによって起こると考えられています。

うつ病の症状は?

症状のパターンはさまざま。

患者さんによって症状の種類やあらわれ方、進行はまちまち。このため、ついそのまま放っておいたり、単なる"疲れ"として処理しがちに。また発病にさえ気づかないことも・・・。そうなると病状をさらに悪化させてしまうことになりかねません。他の病気と同じように、うつ病も早めに治療を開始すれば、それだけ治療効果は高くなります。

うつ病の主な症状

・気分のおちこみ

・ものごとが決められない

・やる気がでない

・眠れない

・息切れなど

・体がだるい、疲れやすい

・食欲がない

・腰痛

・性欲がおちる

・頭痛

・胸がドキドキする

・胃のもたれ

・便秘

等々・・・・・・

うつ病の治療は?

どのような治療をするのですか?

うつ病の治療で一番大切なことは休養です。心と体をゆっくり休めましょう。また薬による治療も行います。うつ病の場合、脳内の神経伝達物質の働きが悪くなっています。抗うつ薬(※)とはそれをおぎなう薬です。最近ではSSRIという新しいタイプの抗うつ薬も使われるようになってきました。

※抗うつ薬:うつ病で減少しているといわれる脳内の神経伝達物質を増やす薬

継続が力になります

抗うつ薬は、飲み始めて数日たってから徐々に効き始め、1~4週間のうちに次第に効果があらわれてくるのが特徴です。カゼ薬や胃薬とは違いますから、すぐに効果が現れないからといって、勝手に服薬を中止してはいけません

うつ病患者がいるご家族の方へ

患者さんをバックアップしていくために

うつ病の治療にはご家族の温かいバックアップが欠かせません。まず、うつ病が"気の持ちよう"ではなく、"病気"であることを患者さんとともにご家族が理解することから始まります。また治療は初めのうちは一進一退です。ご家族の方は病気に関する正しい知識を持つとともにあせらずじっくり見守ることも大切です。

患者さんと接するための5つのポイント

1.はげましは逆効果。温かく見守りましょう

2.考えや決断を求めることはやめましょう

3.外出や運動を無理にすすめず、とにかくゆっくり休ませましょう

4.重要な決定は先延ばしにさせましょう

5.家事などの日常生活上の負担を減らしてあげましょう

Q&A

Q:症状が良くなったら、薬を飲まなくても良いのですか?

A:症状が改善されても、再発予防のために、ある程度服用を続けてから、徐々に薬の量を減らしていく必要があります。ですから、医師の指示があるまで患者さんが勝手に服用を中止することのないよう注意してあげてください。

Q:うつ病の患者に対するタブーとはなんでしょうか?

A:「元気を出せ、病気に負けるな」などのはげましや、内面的なことを指摘するようなことは避けましょう。また、休養しているのを怠けているように言うのもいけません。患者さんの声に耳をかたむけ、一緒にいるだけで安心感を与えられるように接しましょう。

Q:なぜ、うつ病の患者をはげましてはいけないのですか?

A:患者さんは、やらなければならないことは重々わかっており、それができないために悩んでいるのです。それに追い打ちをかけるように激励するのは、足を骨折している人に走って足をきたえろ、と言っているようなものなのです。

Q:抗うつ薬と市販のカゼ薬を一緒に飲ませても大丈夫ですか?

A:市販のカゼ薬を一緒に飲むとよくないということ特にありません。しかし、念のため医師か薬剤師に相談してください。

|

« うつ病についてQ&A | トップページ | 仕事上でのストレス、ためていませんか? »

うつ」カテゴリの記事

コメント

「足を骨折している人に走って足をきたえろ、と言っているようなもの」の例えは、すごくわかりやすかった。

投稿: わだ | 2006年1月28日 (土) 13:19

>わだ
冊子のコピペなんだけどね^^;
でも、とてもわかりやすく書いてある冊子だったんだ。
「うつ」で検索かけてヒットしてしっかり読んでもらいたい、と思ってる。
私はうつについてはデイケアのプログラムの中で「うつ病講座」というのがあって説明を受けているから理解できてるけど、普通の人は何も知らないと思う。
ここに書いてあるように「ただ怠けているんじゃない?」と思っている人も多いと思う。
そういう人が減ってくれることを望んでます。

投稿: おーば | 2006年1月28日 (土) 13:49

まさに”うつ病患者をささえるご家族”なので参考にさせてもらいました。
あと、トラックバックも設定しましたのでよろしくお願いします。

投稿: どんちゃん | 2006年1月28日 (土) 20:45

>どんちゃんさん
コメ、TBありがとうございます。
うつ病患者にとって家族からの温かい支援が一番大事です。参考にしてくれてありがとうございますm(_ _)m

投稿: おーば | 2006年1月28日 (土) 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106334/8365833

この記事へのトラックバック一覧です: うつ病について(周囲の対応):

» ジョイポリス [うつと暮らす]
お台場のジョイポリスへ行ってきました。 近くのコンビニ(ファミマ)でチケットを買 [続きを読む]

受信: 2006年1月28日 (土) 20:53

» うつ状態の自己診断チェックリスト 【心理テストWorld】 [心理テストWorld]
心理テストです。まじめな現代病ともいわれる鬱 うつ病・・・貴方は大丈夫??うつ病は早くみつけることが大切です。自己診断で貴方のうつ病度をチェックしましょう。★ うつ状態の自己診断チェックリスト ★やばいです(・_・、)    徹底図解うつ病 ヒロネェのうつ状...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 5日 (木) 00:14

« うつ病についてQ&A | トップページ | 仕事上でのストレス、ためていませんか? »