« 長期休暇432日目 | トップページ | 長期休暇433日目 »

2006年8月22日 (火)

夏おでん食しました

Imgp0672_1 巷で話題のJR東日本から売られている「銚子風夏おでん」。早速食してみました。新聞によるとすでに300万食売られているとのことで、どこ行っても売り切れです。

私も偶然、上野公園口の自販機を見つけなければ手に入れられませんでした。

Imgp0859 さて、中身ですが、意外に量が多い。これで300円????

具はさといも、大根、にんじん、しらたき、昆布、なると、ベーボ貝、うずら卵です。

「冷やして美味しい」が売りだったので、冷蔵庫で直前まで冷やして、夕飯のおかずにしました。

味はあっさりというかさっぱりして美味い。でも、しっかり味はしみこんでいました。

今の季節だとビールのおつまみにもいいかもしれませんね。

製造元を見たらきちんと銚子で作られていました。

最後にスープを飲んでみましたが、磯の香りがしてさっぱりしてました。でも醤油の味はしっかりしていました。

これは見つけたら絶対買いですよ。なお、JR東日本のキオスクに売っているようですが、キオスクで見つけたことはありません^^;;;;・・・・・・ポスターは貼ってあるのに・・・・・

|

« 長期休暇432日目 | トップページ | 長期休暇433日目 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

おでんにさといもってありなんだね。私は大根1本100円だとおでんになります。富山のおでんはたぶん関西風に近いんだとおもうんだけどぎゅうすじがおいしいです。(ん?狂牛病になるか?)

投稿: はりま | 2006年8月22日 (火) 11:20

>はりま
牛すじは食べたことないなぁ~。やはり、その辺が関西風なのかな?
ウチも冬、大根が安かったらおでんになりますw

投稿: おーば | 2006年8月22日 (火) 11:26

おでんの地域性と言えば、私の生まれ故郷の和歌山では、鯨の「さえずり」ってんですか?アレが必ず入っていましたね。
それと関西風おでんには「牛スジ」はつきものです。反対に「ちくわぶ」を入れないことが多いみたいですね。わたしは関東に来て初めて「ちくわぶ」の存在を知りました。
あと、名古屋では「みそおでん」というのが主流のようです。さすがは八丁味噌の本場、愛知ですね(とはいえ名古屋は尾張で、八丁味噌は岡崎(三河)名産なのですが)。
静岡ではいわしのつみれのような揚げ物「くろはんぺん」を入れることが多いようです。

また畿内ではおでんのことを、よく「関東炊き」と呼んでいました。

投稿: ちゅん | 2006年8月22日 (火) 21:19

>ちゅんさん
私も東京来るまで「ちくわぶ」の存在知りませんでした。両親とも富山出身なので、ウチの実家のおでんには、ちくわぶ、ありませんでした。
でも、東京来て、ちくわぶ食べて、ウチのおでんには必需品となってますw

投稿: おーば | 2006年8月22日 (火) 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106334/11553554

この記事へのトラックバック一覧です: 夏おでん食しました:

« 長期休暇432日目 | トップページ | 長期休暇433日目 »