« 角川映画『金田一耕助シリーズ』DVD-BOXが出る! | トップページ | やべぇ~行ってみてぇー »

2006年9月27日 (水)

出産一時金について

変なTBの場合、すぐに削除してしまいますが、今回ついたTBとは、今の私とは関係無いのですが、参考になったので記事にします。

9月26日(火) 朝刊 5面

<記事の内容>
社会保険庁は25日、政府管掌健康保険と船員保険の加入者について、10月2日から出産育児一時金を出産費用の支払いに充てられるように、手続を変更すると発表した。
現在は出産から約1ヶ月後に親が健康保険から受け取っているが、事前にまとまった現金を用意する必要があり、低所得者には負担になっていた。
手続を変えることで、35万円までの支払が必要なくなる。


<今回の社労士受験のキーワード>
出産育児一時金 政府管掌健康保険

<学習のポイント>
出産育児一時金
出産育児一時金の改正は、注目を集めている内容です。
社労士受験生の方は、法改正には注意しましょう。

健康保険法の出産の給付は次の2つがあります。

●出産育児一時金
出産する子供1人に対し、35万円が支給されます。
従来は30万円でしたが、今年の10月から35万円に金額が引き上げられます。

手続きも変更されました。
従来は、出産の1ヵ月後に支給されていましたが、出産前に支給されることになります。

●出産手当金
妊婦さんは出産日が近くなると、当然ですが、通常通り働くことができなくなります。
また、出産後もすぐに職場復帰することはできません。

そのため、出産日の42日前から、出産日の56日後までの間に、会社を休んだときに支給されます。
なお、多産妊娠(双子、三つ子など)の場合は、出産日の98日前から支給されます。

政府管掌健康保険
会社員が加入する健康保険には、健康保険組合と政府管掌の2種類があります。

健康保険とは、本来なら政府が一括して行うものですが、企業が代行できるようにしています。
政府が行っているのが、政府管掌健康保険で、企業が代行しているのが、健康保険組合です。

健康保険組合は、ひとつの企業が単独で運営するケースと、同じ業種の企業が集まって運営するケースがあります。
中小企業の場合は、政府管掌健康保険に加入しているケースが多いです。

会社員の人は、自分の保険証を確認してみてください。
規模の大きな会社に勤めている人は、保険証に「○○○健康保険組合」と記載されていませんか?
政府管掌健康保険の人は、「○○○社会保険事務局」と記載されています。

今日の記事では、政府管掌健康保険が10月2日から支給を始めることになっています。
では、健康保険組合に加入している人はどうなるのでしょうか。
これは、各健康保険組合に問い合わせてみないと分かりません。
気になる方は、自分が加入している健康保険組合に電話してみるといいでしょう。

|

« 角川映画『金田一耕助シリーズ』DVD-BOXが出る! | トップページ | やべぇ~行ってみてぇー »

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106334/12056379

この記事へのトラックバック一覧です: 出産一時金について:

» 【ニートの僕が毎月43万円儲ける方法】 [ニート成功.com]
よく拝見させて頂いております!現役ニートの笠原と申します。僕は「職安にすら見放された・・・。」ニートでしたが毎月43万円稼ぐ方法を見つけたんです。今回、無料レポートを書かせていただきました。ぜひ叱咤激励をお願いします! [続きを読む]

受信: 2006年10月 4日 (水) 14:20

« 角川映画『金田一耕助シリーズ』DVD-BOXが出る! | トップページ | やべぇ~行ってみてぇー »