« 長期休暇607日目 | トップページ | 長期休暇608日目 »

2007年3月23日 (金)

後日談

皆様には大変ご心配をかけて申し訳ございませんでした。

今回の件でようやく目が覚めたという感じです。

薬への恐怖がふつふつと沸いてきます。

あと、医者の処方してくれる薬が本当にこれでいいのか?という疑問を持つことが必要ということも身を染みて感じました。薬の効用を調べ、重複している薬はないか、精神的に影響の強すぎる薬はないか、自分ではわからない、という人にはセカンドオピニオンをたてるというのも一つの手です。知り合い等に薬剤師さんがいたら、相談にのってもらうのも手です。

今回の大量服薬を通じて身を持って知ったことです。

なお、今回は朝8時半に薬を飲んでから10分くらいで意識をなくし、それから翌日の13時半まで意識がもどりませんでした。

初めて大量服薬をやったときはずっと意識があったため、覚えているのですが、まず口からチューブを入れ胃洗浄をし、あとは点滴で自然に体から薬物が消えていくようにします(1晩)

今回は意識を失っていたため、ダンナから聞いた話しか知りませんが、口からチューブをいれようとしたら食道が狭く入らなかったこと。

次に鼻からチューブで試みましたが、同様。

とりあえず、レントゲンをとり、点滴での解薬となりました。

定期的に心電図もとっていたとのことでした。あと常に脈拍はとられていました。

意識を戻し、しばらくは頭がクラクラして何が起きたのかわかりませんでした。

ホントに「ここどこ?」の世界でした。

10分くらいしてからでしょうか?看護師さんが私が意識を戻したのに気づいてくれて、まずは歯を磨き、お水が欲しい旨を言ったら先生に確認後、お水を少し飲ませていただきました。

気分はただボーとしているだけで何も考えられませんでした。まさに地獄からの生還ですね。まあ、私は意識をなくし、戻しただけですが。

その間、どれだけの人が私のために尽くしてくれたでしょうか?

医者、看護師、薬剤師はもちろん、義姉、友人、そして一番尽くしてくれたのはダンナです。

今回の件で、もう二度とダンナにはこんな辛い思いをさせたくないと思いました。

|

« 長期休暇607日目 | トップページ | 長期休暇608日目 »

うつ」カテゴリの記事

コメント

おーばは、自分がもらった薬のことちゃんと自分で納得するまで毎回調べてるし、受けている治療についてもとっても主体的でえらいなあと思うよ。
それでもやっぱり、こういうことってあるんだね、
本当に怖いなあと思いました。
生還してくれてよかったです♪
おーばは、人の2倍以上強運だから、きっと大丈夫。

投稿: わだ | 2007年3月23日 (金) 09:07

>わだ
自分の強運にはびっくりするよ。マジで。ご心配をかけて申し訳ございませんでした。

投稿: おーば | 2007年3月24日 (土) 02:20

病院の薬はいくら注意して渡してくれてるとはいえ怖いよね。
私ももらった薬は念を押してきいてるし、自分でも調べてます。
かぶってると思う薬はこちらからもらうのを遠慮したりもしてます。
あまり薬が大量に手元にあるのも怖いしね。
自制心はあるつもりだけど、魔が差すってこともあるしね。
いまの睡眠薬は大量服用しても死ねないとは聞いたことはあるけど身体に良いわけはないしね。
いまの先生は厳選して渡してくれてるみたいだし、色々相談していいんじゃないかな?
そうそう、旦那様はもちろん私たち友人も親戚も心配してるよ。
みんなおーばさんの味方だからね、何かあって不安になったら時間関係なく電話なりメールなりして構わないからね。
なにも力にはなれないかもしれないけど、気晴らしにはつきあえるから。
長い目でいようね!

投稿: みかん | 2007年3月25日 (日) 08:18

>みかんさん
ありがと~。遠慮なく電話させていただきますw

投稿: おーば | 2007年3月25日 (日) 10:29

本当に良かった!(泣)

投稿: みやび | 2007年3月26日 (月) 12:14

>みやびさん
心配おかけしましたm(_ _)m

投稿: おーば | 2007年3月26日 (月) 14:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106334/14357895

この記事へのトラックバック一覧です: 後日談:

« 長期休暇607日目 | トップページ | 長期休暇608日目 »