« 【GNO2】@100 | トップページ | ただいま処方されている薬 »

2007年3月28日 (水)

長期休暇612日目

2時半就寝7時半起床。ダンナも起きているようだった。が布団からでない^^;私が先に布団からでて、いつもの朝・・・・ではなく、今日は9時から精神科の診察日なので、8時40分くらいにダンナと一緒に家を出て、東邦大医療センター大森病院へ向かう。先週の月曜、大量服薬をやらかした為、急遽入れてもらった診察だ。

9時ぴったりに病院到着。受付を済ませ、あと何人か聞いたら7~8人とのことなので、入院時の会計を行った。保険が適用になることが既にわかっていたのと、既に金額の連絡を受けていたので、会計はすぐに済んだ。

そして(=´ω`=)y─┛~~

戻って念のため名前呼ばれたかどうか聞いたが、あと5~6人です、とのこと。時刻は9時半。あと1時間はかかるな、と思いダンナはDSでウィッシュルーム、私はPSPでSDガンダムw朝、ダンナに「熱、あるんじゃないか?」と言われたので、体温計持参で行っていた。測ったら36.9度。微熱です。いや、平熱36度の私にとっては結構な熱なんですが・・・・やっぱり風邪ひいていたか。

予想どおり1時間くらいで名前が呼ばれた。

まずはダンナと入り、今の状況を聞かれる。

私「平行線って感じです。あ、この1週間はほぼ毎日義理の姉と話してました」

ダンナ「義理の姉と言っても私から見ても義理なのですが、私の兄の嫁にあたる人です」

先生「そうですか~。(何か色々言われてから)ダンナさんがいない方がいいことありますか?すいません。ダンナさん、席外してもらえますか」

・・・・ダンナ、席外す。

先生「先日の大量服薬は一挙に薬を減らす丁度いい機会だったんですよ。」

( ̄o ̄)え?   

先生「入院してあなたが意識を失っている間、ダンナさんから言われたことは、『私の体調が悪く、それが気になってストレスになったんじゃないか?と思うんですよ』ですが、いかがですか?」

私「はい。確かに当たってます。仕事終えて、家に帰ってから家事やることは大変だっていうの、私自身がやってたことなので、わかるんです。それが原因で体調が悪くなったんじゃないかって、ずっと思ってました」

先生「でも、それでもダンナさんにそれを言わずに、自分の中で溜め込んでいたということですね」

私「はい」

先生「それで、周りにやたら迷惑をかけるっていう人もいるんですが、ダンナさんが言うには、普段と全然変わらない様子だった、ということなので、自分の中に溜め込んでいるんじゃないかなぁ~と思ってはいたのですが、そのとおりでしたね。そういう人は意思の強い方なんですよ」

私「はあ?」

先生「意思が強くないと、自分の中に貯めておけません。それが貯まりに貯まってふっと突然、自傷行為を行う人は意思が強い人なんですよ」

私「たしかに、ダンナには何も言ってませんでした。逆に体調を悪くしても、いつもどおり家事をこなしてくれてありがたいと思ってます。」

先生「あなたのことがだいぶん解ってきました。今もそのことを負担に思っているでしょう。今の気分はどうですか?」

私「義理の姉とほぼ毎日話をしていたので、負担は軽減されています。同じ、○○の家に嫁いできた立場としての話とか、私のダンナとダンナのお兄さんは性格が似てるので、同じように思ってることが多いな、とかいう話してます」

先生「身近にそういう色々話せる人がいることはいいことです。他に話せる人はいますか?」

私「私の実妹と中学時代からの友人2人ですね」

先生「それだけいることはいいことです。どんどん話をしてください。他に気になることはありますか?」

私「ダンナが人間ドッグを受けて、カウンセリング受けた方がいいと言われたのが気になって、ダンナに診療内科でも行ってみたら?と聞いたら、必要ない、と言われたのが気になってます」

先生「それも大量服薬の一因だったかもしれませんね。ダンナさんとは話をさせていただいていますが、しっかりしている方なので、大丈夫ですよ。それに3人に1人は言われるんですよ。自分で行った方がいいと思ったら、自分から通いますよ。安心してください」

私「よかったです。あと気になっているのが、過呼吸の発作を持っているのですが、運動して息を切らしたのが原因で発作を起こすのが不安で体を動かしたくないと思っているのですが・・・・」

先生「それならウォーキングをしてください。今みたいに、うつの薬が無い頃は運動療法というのをやっていたんですよ。かのベートーヴェンもうつ病で治療のため、毎日6時間歩いていたというのが残ってますよ。ダンナさんに協力していただいてはいかがですか?」

私「はい。わかりました。あとは気になってる点はあるのですが、別にダンナがいても大丈夫なものです」

先生「ではダンナさんを呼んできてください。心配していらっしゃるとおもいますから」

・・・ダンナを呼びに行く。

私「(システム手帳を開いて)睡眠がこのような感じで、大体2時半~6時半です。」

先生「う~ん、この様子だと中長期型の薬も入れた方がいいですね。睡眠は大事ですからね。マメですね」

私「(システム手帳をみながら)あとは、眩暈がして手足がしびれて、体中が脈うっているような感じがしてます、それと体中が痒いんですが・・・・」

先生「それは様子を見させてください。一時的なものか、ずっと続くようだったら次回の診察で、また言ってください」

私「あとは、便秘ですね」

先生「前にも処方してた薬を入れておきましょう。しばらく血液の様子を見てなかったので一般的な検査を再度しておきましょう。急に薬も減らしたから、その様子も見させてください」

私「はい、わかりました」

先生「私の担当が替わりまして、火曜午前と水曜午後にも診るようになったんですよ。どうされますか?」

私「(ダンナの方を向いて)どうする?」

ダンナ「なら火曜午前の方がいいですね」

先生「では、どうします?1週間後にしておきますか?それとも2週間後にしておきますか?」

私「今のところは1週間後にしておいてください」

先生「わかりました。では来週火曜の9時に予約を入れておきます」

---------- 終了 -----------

診察時間20分くらいかな?この先生、患者さん一人一人にたっぷり時間をかけるから待ち時間長いんだ・・・・終わったら11時回ってたもんな。しかも人気あるみたいで、他の精神科の先生は待ち人数1~2人なのに、この先生だけ10人とかになってる。(一覧で見れるようになってる)9時予約の人が11時過ぎに終わるんだもんwwwでも、いい先生に出会ってよかった☆^∇゜)ニパッ!!

精算して薬貰ったら11時半すぎてて、病院近くのジョナサンでダンナを一緒にお昼ご飯。ダンナのいなかった間の診療内容を要約して説明。あとダンナから「頭痛薬もらわなくてよかったの?」と聞かれたが、「まだまだ残っているの大丈夫。無くなりそうになったら言うよ」と言っておいた。一応システム手帳にはメモっておこう。

私は頭がフラフラだったので、朝は蒲田へ行って買い物すると言ってたが「やっぱり、今日は帰って寝る」ということで、タクって蒲田経由で帰宅。

家帰ってから熱測ったら37度!!!あがってるやん。そりゃ~頭もフラフラになるさ。

でも丁度荷物が届いた。姪っ子への誕生日プレゼントだ。今日は子供達と映画を見に行っている義姉に『映画終わったら電話ください』とメールを出し、布団で寝る。

14時半過ぎに義姉から電話が入り、「プレゼントが届いたよ~」と言っておいた。明後日、連絡をくれるとのことだ。私はまた寝に入る。

17時半、起床。起きたときは隣にダンナがいなくてアセッた。「5時半なのに、どこいったの???」しばらくしてから、ようやく「あ!夕方か」とわかったがwwww

起きてすぐにGNO2。ひたすら任務に入れ込む。准将まで@100になったぞ~!准将昇格が確実になってきたぞっとw

ダンナが帰ってきて、しばらくしてから夕飯。

夕食後もGNO2・・・・・熱あるってのにwww

ダンナはシャワーを浴び、大量の洗濯をしていた。ごめんね。手伝えなくて。まだ、そこまで気力が沸かないんだ。

( ̄□ ̄;)ハッ! これがストレスになっているのか!う~ん、、、、今度洗濯している時はお手伝い、頑張って言ってみようっと。そうしたら、少しはストレス軽減になるな。よしよし。

→クリックよろ♪ ブログランキング

|

« 【GNO2】@100 | トップページ | ただいま処方されている薬 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

旦那さんも多分多少は大変と思ってるとはおもうけど、今までそれをおーばさんがやってきたんだから、少しは甘えていいとおもうよ!
おーばさんは責任感が強くてちょっと甘え下手なところがあるとおもうんだよね。
こういうときは甘えていいとおもうよ!
元気になったら遊びに行くからメールちょうだい!

投稿: みかん | 2007年3月28日 (水) 20:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106334/14432640

この記事へのトラックバック一覧です: 長期休暇612日目:

« 【GNO2】@100 | トップページ | ただいま処方されている薬 »