« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年8月の1件の記事

2007年8月21日 (火)

脳梗塞ですとぉぉぉ~~!

お久しぶりです。きちんと生きてますw病院も通ってますww

最近暑くて脳がとろけてましたww

さて~今日は一日病院の日!とは言っても同じ病院の別の診察に午前・午後と予約が入ってたのですが^^;

午前はメンタルヘルスセンター。ここのとこ、精神的にずっと安定してて、じょじょに減薬もしていて、今は精神安定剤(ジェイゾロフト)と睡眠薬(入眠剤・グッドミンとマイスリー)のみです。きちんと眠れるし、しばらく前は午後にならないと起きれなかったのが最近ではきちんと午前中に起きれるので、きちんとした朝方生活になるまでもう少しです。

ただ昼間暑くて外に出るのがウザいんで家にいたらついつい昼寝しちゃうんですよね^^;そのことを先生に言ったら「私だって休みの日はそうですよ~。すぐに解消できますよ」とのこと。

あとは「最近は外に出て人に会ってる?」と聞かれたので「義理のお姉さんとか姑さんとか友人にたまに会ってます」と言ったら「嫁姑の関係が良好なんだね~。いいことだ!」と言ってくれました。あとは「何人くらいの友人に会ってるの?」という質問に「主に2人ですね」と言ったら「丁度いい人数ですね。この調子でしばらく様子をみましょう」

糸冬 了..._〆(゚▽゚*)

今の主治医はホントに時間をかけて診てくれる先生で(人気なのかな?)いつも待ち時間が長いです。同じ病院には常に4~5人精神科医が診察しているのですが、私の主治医はいつも待ち時間、待ち人数ともに多いです。

患者の言うままに薬を増やす医者じゃなくて、減薬を目的に色々な薬を試してくれて、それで実際私の場合は成功しているので、とても相性のいい先生だと思ってます。

・・・・・さて午後。午後は神経内科でした。脳の虚血のためバイアスピリンを処方してもらうための診察ですが、こちらの先生も1回に2~30分かける先生で色々と相談できます。これは関係ないことだろうな~ということも答えてくれます。

で、今日は薬の飲み忘れもたまにあり、飲み忘れても異常はないので、そろそろ薬を飲まなくてもいいんじゃないかな~と思い相談してみました。

「どのくらい飲み忘れるの?」と聞かれ「1週間に1回くらい」です。と、答えたら「バイアスピリンは実際効果は1週間くらいあるんで、あまり問題はないけど、その一日が思わぬ落とし穴になることもあるので、きちんと飲んでください。まー再度、脳のMRIをとって効果がでていたら薬を辞めることも考えておきましょう」とのことだった。

で、その話の流れで

「あなたのこの脳の写真の白い箇所は脳梗塞なんですよ!それを頭に置いておいてくださいね」

Σ(゚Д゚;エーッ!

数年前に私の父が糖尿と高血圧からくる脳梗塞で2回入院しています。その時の状態は右半身麻痺と言葉の呂律がまわらない状態でした。脳の写真も家族ということで私が見ましたが、脳に白い点々が幾つもある状態でした。私のは違うだろう!と思ってました。ところが

「あなたの年齢とこの脳の状態はマレな症状なんですが、これも脳梗塞の一種ですよ」とのこと。

「でも、2年くらい前に右腕や右足の脱力があったけど、今は何もないですよ。普通は麻痺とか言葉がおかしくなるとか・・・・そういう症状じゃないんですか?」

「それは脳梗塞の部分がもっと外側の実際に手足の機能を司る箇所にできて症状が現れるんですよ。あなたの場合は脳の奥で全然影響しないところですよ。これは前にも言ったとおり経口避妊薬の影響と思われますよ」だそうな。

以前、生理が不規則なことがあって婦人科へ行って診てもらったところ経口避妊薬が処方され、実際には薬を飲んでいるにもかかわらず、ひどい出血を起こし、途中で飲むのをやめたことがあります。もう、その婦人科へは足を向けてませんがww

先日は甲状腺の検査もしてもらい「順調だから次回は半年後にしましょう」と言われたばかり。

精神科、糖代謝科(甲状腺診てもらってるとこ)ともに順調だったので、神経内科も薬を辞められたら~って思ってたのに残念です。

今年の4月に脳のMRIとっているので次回は来年の4月以降とカルテには書き込んでいました。ま~神経内科も安定しているということで一ヶ月に一回が二ヶ月に一回にはなりましたがw

全部一箇所の病院で診てもらっていて、カルテはPCに打ち込みの形式なので他の診療科で貰っている薬との飲み合わせや他の診察科で気になっていることも相談でき、都度そっちのカルテや血液検査の結果、写真を見てくれて、この病院にはすんご~~~~い信頼を置いてます。

はー!なんか~「あなたの年にしてはこの症状は早いのですが・・・・」ばかりだな・・・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »